2010年03月17日

FIREBALL PV B'z動画



FIREBALL B'zの21作目のシングル。

シングルとしては初めてキーボードやシンセサイザーを一切使用しないで作られた曲である。
シングルジャケットのシールの色が3タイプあり、それを剥がすと「No synthesizer & computer used(訳:全部生音)」と書いてある。なお、今作では稲葉の提案で松本がベースを弾いている。
オリコンでの連続ミリオン記録は今作でストップしたが、日本レコード協会からはミリオンの認定を受けている。

同年に開催されたPleasureシリーズのツアータイトル曲となったロックナンバー。松本はこの曲のベースも担当しており、コーラスにも珍しく参加している。
資生堂「ピエヌ」CMソングのタイアップが付いているが、資生堂サイドからの条件として、商品キャッチコピーの「メイク魂に火をつけろ」という歌詞を盛り込まなくてはならず、苦肉の策として、2番に「メ〜ィ」(メイク)という歌詞カードにはない掛け声を収録し、なんとか条件に沿う形で完成させた楽曲。(CMでは「ク」の部分が強調された別バージョンが使われていた)
当時出演した『ミュージックステーション』にて、共演したエアロスミスから「日本にもこんなロックがあるのか。アルバムを600万枚も売り上げて、東京ドームを満員に出来る理由がわかった。」と評価を受け、後に、『2002 FIFAワールドカップofficial concert international day』での共演のきっかけとなり、その共演コンサートでも披露した。

ウィキペディア引用。
posted by bzbzbzbz at 17:57| FIREBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Calling PV B'z動画



Calling B'zの22作目のシングル。

表題曲はテレビでは1997年7月11日放送のミュージックステーションで初披露され、同年12月の『ミュージックステーションスーパーライブ』で、「スイマーよ!!」と一緒に披露された。
オリコンでの累計売上は前作「FIREBALL」を上回り、シングルとしては1996年の「Real Thing Shakes」以来1年ぶり、通算14作目のミリオンセラーとなった。日本レコード協会の集計では1992年の「BLOWIN'」から本作まで13作連続でミリオンセラーに認定された。

「LIVE-GYM Pleasure'97-FIREBALL-」のアンコールで未発表曲として初披露された曲。まったく異なる2つの曲が融合してできた作品。そのため、この曲には全くタイプの違うサビが2種類存在している。元々はライブ限定の曲として披露され(当初はは最初と最後のサビは存在しておらず、伴奏はピアノのみであった。このバージョンは『B'z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20〜』に収録される)、ファンの声によりシングル化となった。なお、曲自体は松本が個人的に友達の結婚式のために書いた曲がベースになっている。
1996年末から制作に入っていたが、アレンジを重ねアレンジャーも結果的に松本・稲葉・池田・徳永の4人が関わり、完成にはB'z史上最長の7ヶ月以上を費やしている。また、その後B'zの楽曲の多くに携わる徳永暁人が初めて編曲に携わった作品でもある。
PVは、前作の「FIREBALL」の続きで、最初に「FIREBALL」のサビ部分が少し流れるようになっている。現在LIVE-GYMで披露される際はエンディングがアレンジされ、稲葉がシャウトすることが恒例となっている。

ウィキペディア引用
posted by bzbzbzbz at 17:53| Calling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HOME PV B'z動画




HOME B'zの25作目のシングル。

ベストアルバム発売から約2か月後に発売されたシングルで、オリコンチャートでは21作連続の初登場1位を獲得。初動・売り上げともに前作を上回り「Calling」以来の初動50万枚オーバーとなった。オリコンではわずかにミリオンには届かなかったが、日本レコード協会の集計ではミリオンセラーとなっている。
1998年7月20日のオリコンチャートで本作は初登場1位となったが、2位であったL'Arc〜en〜Cielの「HONEY」との差は約1万5000枚と僅差であった。
正式には「HOME」の単独A面であるが、発売当初オリコンでは「両A面」と間違った扱いをされていた。しかし、実際にジャケットの両A面シングル的なデザイン、両曲ともPVが製作されていること、今作のプロモーションで出演した音楽番組では常に1st beatと2nd beatの2曲とも披露していたため、限りなく両A面に近いものになっている(松本もかつてインタビューで両A面と発言したこともあった)
2nd beatの「The Wild Wind」はB'z初の映画主題歌となった。
PVは香港で撮影された。また、「The Wild Wind」の撮影には映画主題歌のスタッフも参加している。


ミディアムバラードナンバー。「HOME」というタイトルは、「自分の中のよりどころ、ゆるぎないもの、それがあれば当面何がおきても大丈夫」という思いからつけられた。コーラスにひみつのアッコちゃんに登場する魔法の呪文「テクマクマヤコン」が出てくる。オリジナルアルバムには未収録。
ちなみに『B'z The Best "Pleasure II"』発売時にiTunes Music Storeにてこの曲の英語バージョンが現れたが、すぐに姿を消した(誤配信だと思われ、現在はミニアルバム『B'z』に収録され配信を再開している)。このバージョンは『B'z The Best "ULTRA Treasure"』でファン投票17位にランクインされ、初CD化された。(ライブでは2006年9月1日に行われたdwango提供の完全招待制のプレミアムライブにて初披露されている)

ウィキペディア引用。
posted by bzbzbzbz at 17:45| HOME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。