2010年03月17日

Calling PV B'z動画



Calling B'zの22作目のシングル。

表題曲はテレビでは1997年7月11日放送のミュージックステーションで初披露され、同年12月の『ミュージックステーションスーパーライブ』で、「スイマーよ!!」と一緒に披露された。
オリコンでの累計売上は前作「FIREBALL」を上回り、シングルとしては1996年の「Real Thing Shakes」以来1年ぶり、通算14作目のミリオンセラーとなった。日本レコード協会の集計では1992年の「BLOWIN'」から本作まで13作連続でミリオンセラーに認定された。

「LIVE-GYM Pleasure'97-FIREBALL-」のアンコールで未発表曲として初披露された曲。まったく異なる2つの曲が融合してできた作品。そのため、この曲には全くタイプの違うサビが2種類存在している。元々はライブ限定の曲として披露され(当初はは最初と最後のサビは存在しておらず、伴奏はピアノのみであった。このバージョンは『B'z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20〜』に収録される)、ファンの声によりシングル化となった。なお、曲自体は松本が個人的に友達の結婚式のために書いた曲がベースになっている。
1996年末から制作に入っていたが、アレンジを重ねアレンジャーも結果的に松本・稲葉・池田・徳永の4人が関わり、完成にはB'z史上最長の7ヶ月以上を費やしている。また、その後B'zの楽曲の多くに携わる徳永暁人が初めて編曲に携わった作品でもある。
PVは、前作の「FIREBALL」の続きで、最初に「FIREBALL」のサビ部分が少し流れるようになっている。現在LIVE-GYMで披露される際はエンディングがアレンジされ、稲葉がシャウトすることが恒例となっている。

ウィキペディア引用
posted by bzbzbzbz at 17:53| Calling | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。