2010年03月17日

juice PV B'z動画



B'zの29作目のシングル。

前作「May」からわずか1ヶ月半のインターバルで発表されたシングル。
B'zのシングルのジャケットでは、初めてイラストを採用した作品。初回限定盤はB'z LIVE-GYM Pleasure 2000 “juice”仕様ピクチャーレーベル使用。
前作「May」同様、外国人がコンビニで叫ぶCMが存在する。
今作でオリコンシングル25作連続1位となり、松田聖子の24作連続1位を抜いて約11年10ヶ月振りに歴代単独1位を更新となった。また、松田聖子の歴代首位獲得数25枚の1位タイ記録となった。
2001年6月1日、MP3.comのインターナショナルチャートで1位を獲得する。


同年の「LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"」のタイトルにもなったロックナンバー。ライブでは後半に演奏される確率が極めて高い定番曲となっている。プロモーション・ビデオ撮影時に札幌にてゲリラライブが行われ撮影された。札幌での撮影は、「love me, I love you」に続いて2回目である。B'z曰く「曲は直球、歌詞は変化球」。
アルバム『ELEVEN』には別ヴァージョンが収録されている。余談だが、MR.BIGがこの曲をカバーし、レコーディングまでしたとされているが、世にはまだ出回っていない。上木彩矢もライブでカバーしたことがある。

ウィキペディア引用
ラベル:動画 Juice PV B'z YouTube
posted by bzbzbzbz at 17:15| juice | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RING PV B'z動画



B'zの30作目のシングル。

オリジナルアルバム『ELEVEN』の先行シングル。
ジャケット写真は能古島で撮影されたもの。
B'zの2000年に出された4作目のシングルであり、普段は1年に2〜3作程のペースでシングルをリリースする彼らにとっては珍しいケースである。同じ年にシングルを4作以上出したのは1990年以来。
松田聖子のオリコン首位獲得数25作を抜いて、約4年6ヶ月振りに首位獲得数26作による新記録を達成した。


日本独特の音階を用いた旋律が特徴的で、ギターとボーカルのみの演奏から徐々に展開し、第二Aメロセクションからはストリングスとバンド全体が入り、エンディングに向けて転調、クレッシェンド的に盛り上がるバラード。同年のjuiceツアーで28人のストリングス隊と共に未発表曲として披露された。タイトルのRINGは、「(鈴などが)鳴る」という意味で使われている。もともとは、TBS系ドラマ「ビューティフルライフ」のために書き下ろされたがボツになった曲。曲自体も1999年のBrotherhoodツアーの福岡ドーム公演の楽屋で書かれたものであり、その模様はDVD『The true meaning of Brotherhood?』の特典映像として収録されている。発売時には稲葉・松本ともに満足度が高いと発言した。

ウィキペディア参照
ラベル:動画 YouTube B'z Ring PV
posted by bzbzbzbz at 17:09| RING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ultra soul PV B'z動画




B'zの31作目のシングル。

前作までハードロック系統の曲調が続いていたが、今作では3曲とも打ち込みを重視したポップな曲になっている。
収録曲それぞれの曲間が殆ど無く、全曲が1つの作品としてまとめられている。
このシングルから3rd beatが収録されるようになった。
シングル「love me, I love you」以来6年ぶりにオリコンチャート2週連続1位を獲得した。
B'zが21世紀に発売したシングルの中ではNo.1の売上を記録している。


打ち込み音を多用したロックナンバー。世界水泳福岡2001大会公式テーマソングとなったため、テレビ番組の水泳の企画などでこの曲が使用されることが多い。『ミュージックステーションSP』のアゲうたランキング(盛り上がる曲ランキング)、夏うたランキングでも上位をマークした。また、同番組で使われた爆薬の量はこの曲が最も多い。
この曲のPVは2人がプールの水上で演奏しているというもので、羽田エクセルホテル東急(旧舘・既に解体済)のプールで撮影された。撮影時期は冬でかなり寒く、1つの1つの収録が終わったらすぐに近くにある巨大ストーブに行き温まっていたというエピソードがある。稲葉は最初はロングコートで歌っているが、最終的には半袖になり歌う。
収録の際、アコースティックギターの音は当初とずれていたが、逆にこれが良かったのでそのまま採用されている。
2001年以降のライブでは、2006年のプレミアムライブ1回を除き毎回歌われる定番曲になった。32ndシングル「GOLD」2nd beatには「ultra soul 〜Splash Style〜」が、12thアルバム『GREEN』にギターソロなどが異なる「ultra soul(Alternative Guitar Solo ver.)」が収録されている。ベストアルバム『B'z The Best "Pleasure II"』にシングルバージョンが収録された。
なお『B'z The Best "Pleasure II"』発売時にiTunes Music Storeにてドラムが打ち込みではなく、全体的に重くなったこの曲の再録版が現れたが、すぐに姿を消した(誤配信だと思われる。後に日本国外限定配信アルバム『B'z』に収録され、正式に販売されることになった) 。
『うたばん』に出演した際、稲葉自筆の「ultra soul」の歌詞を公開。お宝鑑定をしたところ、250万という値が付いた。作詞時の稲葉の試行錯誤を物語るものだった。特にタイトルに迷った跡が見られ、「super soul」「iron soul」等とメモされていた。なお、歌詞のイメージができた際、経費節減のため、歌詞自体は「IT'S SHOWTIME!!」の2nd beatである「New Message」の歌詞が印刷された紙の裏側に書かれている。

ウィキペディア引用
ラベル:ultra soul PV 動画 B'z
posted by bzbzbzbz at 17:03| ultra soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。